Menu

各調査のメリット

作業員

建物に合わせて選ばれる

建設前に行わなければいけない地盤調査で採用されている方法は、主に3種類です。一つはスウェーデン式サウンディング試験で、これは一般住宅用の地盤調査で一番多く利用されている方法です。スウェーデン式サウンディング試験用の専用機器があり、小型で使いやすいところと試験者のスキルなどが影響せずに正確な調査ができるというところがメリットと言えます。また、専用機器がコンパクトで使いやすく作業を効率的に行うことができるとあって、コストを抑えた地盤調査が可能です。ただ、土質を調べることには向いていません。それから、大きな建造物を建てる際の地盤調査に利用される汎用性の高い調査が、標準貫入試験、別名ボーリング調査です。調査はロッドをハンマーで打ち込み、ロッドを30cm食い込ませるのに必要な回数、すなわちN値を測定して土の貫入抵抗を計算します。この試験では土質も支持層も確認できて、深い部分まで調査が可能です。ただし、作業時の音が大きく、作業スペースも広く取る必要があります。そして、近年住宅建設時に活用される機会が増えているのが、3成分コーン貫入試験です。ロッドに電気式コーンが取り付けてあり、それを貫入装置を使って地中に圧入します。それから測定装置で土の貫入抵抗や周面摩擦力、間隙水圧という3成分を計算するという方法です。精度が高いのが最大のメリットで、土質の分類も可能です。しかし、データ分析には技術やスキルが求められます。

Copyright© 2018 地盤調査の手続き【すぐに対応してくれる】 All Rights Reserved.