Menu

試験方法による特徴

重機

地盤や構造物で選ぶ

大規模なビルを建築するときでも個人の木造住宅を新築するときでも、建物を建てる時には事前に地盤調査をしなければならないと法律でも定められています。地盤調査の方法は、いくつもありそれぞれの特徴から地盤や構造物によって最適な地盤調査の方法を選ぶようにしてください。法律で地盤調査をしなければならなくなったのは2000年以降からですが、それ以前も地震がおこると液状化現象が発生し、建物が傾くことがわかったため大型の建物を建てる前には地盤調査を行うようになっていました。その方法はボーリング標準貫入試験と呼ばれるもので、ボーリング工事を行い、地中に打ち込む打撃回数から地盤の強固さを測定するもので、土や地下水を採取できるため直接地盤の状況を知ることができます。ボーリング機械を入れる必要があるため、広い敷地でしか行うことができないため、マンションやビルのような大型の建物の建築のときに利用される試験方法です。個人が建てる木造住宅に対する地盤調査をボーリング標準貫入試験で行うには、広さが足りず、費用も大きな負担になってしまいます。そこで試験装置が小型で試験にかかる費用も安価でできるスウェーデン式サウンディング試験が一般的に使用されています。最大10mまでの深さまでしか試験ができないことと途中に礫層があるとその下まで貫入することが難しい短所を持っています。最近ではレイリー波探査機を使って、地中に音波を発信して帰ってきた波を測定して、地盤の強度と特性を推定する方法も利用されています。機械自体は小型で、地面を掘る必要がないので試験自体は簡単に行えますが、土質の分類にはボーリングデータが必要で、データ解析には熟練の技が必要といった問題があります。

Copyright© 2018 地盤調査の手続き【すぐに対応してくれる】 All Rights Reserved.