Menu

地盤の強度を測定する

工事現場

測定方法で主流なのは

地盤調査は主にその土地の地盤にしっかりとした強度があるか、そして上に建物が建てられるかの判断をするために行います。元々建物のあった土地であっても、建物を新築する際には必須の調査です。調査後の地盤改良の必要性については、地盤の状態と建物の基礎の形状により決められます。そして、地盤調査方法の主流はスウェーデン式サウンディング試験と標準貫入試験です。スウェーデン式サウンディング試験は、一般住宅や集合住宅を建てる際によく採用されている地盤調査方法です。小型の専用機械があるため、作業する人の技術力に左右されずにより正確な地盤データが取れるという点と、地盤調査業務の効率化が図れるという点が利点と言えます。専用機械の使い方はまず、スクリューポイントが付いたロッドの頭部に100kgまで重さを加えて地盤に貫入させます。そして、そのときに必要な重さと回転数から抵抗値を測るだけです。なお、調査できる地盤の深さは10m程度が目安です。それから、標準貫入試験は別名でボーリング調査と言います。地盤調査方法は、ボーリングマシンで穴を開けてから地中にレイモンドサンプラーを打ち込み、打撃回数を測ります。この打撃回数はN値となり、そこから地下水の確認ができるので、地盤の強度がわかるという仕組みです。標準貫入試験は高額になるのが一般的で、作業スペースもやや広い4m×5m程度必要になります。このほかの地盤調査方法には、ハンドオーガーボーリングや平板載荷試験、オートマチック・ラム・サウンディング試験などがあります。

Copyright© 2018 地盤調査の手続き【すぐに対応してくれる】 All Rights Reserved.