Menu

地盤を安定させよう

作業員

建物を守ってくれます

住宅を建てる際には、末永くその場所で生活できるように地盤調査を行います。地盤は専門の業者へ依頼しないと目に見えない地中深くまで調べる事ができません。地中内は固い地盤と軟弱な地盤が不規則な層になっています。層の厚さや固さが異なることで、建物を建てた時に地盤が沈下する恐れが出てきます。初期では基礎固めをする際に使用するセメントがうまく固まらなかったり、しっかり補強したはずの杭が固い地盤に届いておらず、軟弱な地盤で止まっていることにより少しずつ建物が傾いていきます。これらの症状に気が付かず住まいを建てた後では、ドアが木枠のズレから閉まらなくなったり、床にボールを置くと一定の方向へ転がってしまう現象が起こります。外壁には細かな亀裂が生じてくると、そこでは安全に生活できなくなってしまいます。これらの事故が起きないように、現在では住宅品質確保促進法により補償制度が見直されています。地盤調査は建物の基礎となる重要な土台です。しっかりと調査をして自分の土地がどのような状況にあるのか、建物への影響を出さないためにはどのような工法で建てたらよいかを把握しておきましょう。住宅の場合には表面改良工法や柱状改良工法など、地盤の軟弱度で建て方が変わります。地盤調査は土地の中央と四隅を調査して地盤の軟弱度にムラがないか確認してくれます。安心してその場所で生活ができるように、まずはしっかりと地盤調査を行ってくれる業者へ依頼し、その結果を教えてもらいましょう。

Copyright© 2018 地盤調査の手続き【すぐに対応してくれる】 All Rights Reserved.