作業員

地盤を安定させよう

見た目ではわからない地盤は、軟弱な層があると建物が傾いたり外壁に亀裂が入るなどの事故を引き起こします。予めしっかりとして地盤調査を行うことで、地盤沈下による事故を回避します。地盤の固さにより住宅をどのような方法で建てたらよいかを検討することができます。

Menu

地盤調査

新築工事の準備作業

様々な手法で調査を行うことや、個人から法人まで様々なニーズに対応している点にも注目することが、良い地盤調査業者を選ぶコツです。調査データに基づいて地盤改良工事を行うのが、耐震性に優れたビルなどを新築するためのポイントであり、業者のアドバイスが役立つでしょう。

重機

試験方法による特徴

建物を建てる前には地盤調査が必要ですが、地盤や構造物で最適な方法を選ぶようにしてください。大型の建物にはボーリング標準貫入試験を、個人宅にはスウェーデン式サウンディング試験が一般的で、穴を掘らないレイリー波探査といった方法もあります。

工事現場

地盤の強度を測定する

建物を建てられる強度が地盤にあるのかを調べるのが地盤調査で、新築する前には必ず実施しなければいけません。調査方法はスウェーデン式サウンディング試験と標準貫入試験が主流です。前者は小型の機械で行うため幅広い現場で採用されていますが、高額になりがちな後者の方法もまだまだよく見かけます。

作業員

各調査のメリット

一般住宅の地盤調査ではスウェーデン式サウンディング試験が、マンション等の地盤調査では標準貫入試験の利用が多いです。前者は作業が効率的で低コストというのが、後者は深部まで調査可能なことや土質も支持層も確認可能なことがメリットです。さらに3成分コーン貫入試験の利用も増えています。

新しい住まいを守ろう

工事現場

耐震構造に関心を持とう

建物を建てる時には、地盤をしっかりと改良する必要があります。震災後、耐震構造という言葉が浸透した影響により、住宅や地盤に関して関心度は高くなっています。地盤調査は既存の建物が経っていると正確に調べる事ができません。そのため、新しく建物を建てる前にしっかりと地盤調査しましょう。深度が2メートルまでの軟弱な地盤なら、表層改良工法と呼ばれる補強工事で済みます。地盤調査により8メートルまで地盤が軟弱化していると、柱状改良工法で地盤を固めていきます。地中にある固い地盤に届くように杭を打ち込み、地盤を安定させていきます。杭を打ち込む際には大型重機の搬入が必要になりますが、これらの重機は入れないほどの狭小地の場合には、鋼管杭工法により対応することができます。地盤調査がしっかり行われないと、地盤沈下により欠陥住宅になってしまいます。外壁に亀裂が入ったり、建物が傾いていき、ドアや窓の開け閉めが困難になります。地盤沈下による事故は火災におる被害よりも多いといわれ、国では住宅品質確保促進法を施行して安全対策と補償制度を設けています。公共事業の場合には性能検査は義務付けられていますが、一般住宅ではまだまだ徹底できていないのが現状です。地盤調査により、軟弱地盤の層の厚さが確認できたり、基礎となるセメントが固まらずにすぐ亀裂が入る原因を見つけ出してくれます。大切な住まいだからこそしっかりとした準備をしたいものです。

Copyright© 2018 地盤調査の手続き【すぐに対応してくれる】 All Rights Reserved.